So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

桂歌丸さん 肺疾患予防検討会の委員に(毎日新聞)

 厚生労働省は7日、喫煙習慣が深くかかわることから、肺の生活習慣病とも呼ばれる「慢性閉塞(へいそく)性肺疾患(COPD)」の予防や早期発見に関する有識者検討会を設置すると発表した。落語家の桂歌丸さん(73)が患者代表の委員として参加し、11日に初会合を開催、年度内に報告書をまとめる。COPDは、肺気腫や慢性気管支炎などの総称。全国の患者数は約500万人、年間死者数は約1万5000人と推計されている。禁煙などで予防が可能で、早期発見と治療でリスクを大幅に軽減できることから、厚労省は健康診断の検査項目に追加するなどの対策を検討する。桂さんは、肺気腫で入院したことを機に禁煙し、現在も人気番組「笑点」の司会を務めている。

【関連ニュース】
神奈川歯科大:歓迎コンパで飲酒、新入生が死亡
ひと:堀田饒さん アジア初の糖尿病国際誌の編集長
ひと:桂歌丸さん(73) 「肺の生活習慣病」啓発大使
糖尿病:学会が新診断基準決める 確実に早期発見しやすく
訃報:牧野昭一さん83歳=作曲家

蓮舫氏入閣に台湾メディアも関心 出版社には思わぬ“特需”(産経新聞)
都電、初の大阪“乗り入れ” 阪堺線に昭和カラー企画(産経新聞)
中国大使 丹羽氏起用で調整 伊藤忠商事相談役(毎日新聞)
鳩山前首相 特使で訪中 上海万博のジャパンデーに合わせ(毎日新聞)
自転車の共同利用 富山市で開始

巨大な角の新種恐竜=トリケラトプスしのぐ? ―メキシコで化石発見(時事通信)

 メキシコの約7200万年前(白亜紀後期)の地層から、草食恐竜の角竜類の頭骨化石が見つかり、新属新種に分類された。角の長さは最大約1.2メートルとみられ、角竜類を代表するトリケラトプスより大きかった可能性があるという。米ユタ大学自然史博物館などの研究チームが29日発表した。
 この化石は、発見地のコアウイラ州や大きな角を意味する言葉から、「コアウイラケラトプス・マグナクエルナ」と名付けられた。成体の全長は推定約6.7メートルと、トリケラトプスよりやや小柄。4足で歩行し、肩や腰の高さが2メートル前後、体重4〜5トンとみられる。
 頭骨の長さ約1.8メートルに対し、目の上に2本ある角の長さは0.9〜1.2メートルと巨大。角の機能ははっきりしないが、雄が雌に強さをアピールしたり、雌や縄張りをめぐって争ったりするのに使ったとみられ、ティラノサウルス類などの肉食恐竜も恐れる必要がなかったかもしれないという。 

【関連ニュース】
特集・恐竜図鑑〜初期鳥類、羽ばたいて飛べず〜
〔写真特集〕生命の歴史 太古の生物
〔写真特集〕巨大海洋生物 ホオジロザメとその仲間
深海貝の新種化石発見=進化過程解明に期待
空を泳ぐ海の生物と恐竜=静岡市〔地域〕

食を考える歯のシンポジウム6月開催(医療介護CBニュース)
<放送法改正案>衆院で可決(毎日新聞)
内田裕也が蓮舫に花束贈呈 「お疲れさま」の気持ち込めた(J-CASTニュース)
連立離脱を提案=閣議決定撤回せねば―社民執行部(時事通信)
公金横領の小中学校職員3人懲戒免…名古屋(読売新聞)

<カブトガニ>繁殖地受難 条例で潮干狩り禁止も違反者後絶たず 岡山・笠岡 (毎日新聞)

 ◇国指定天然記念物

 潮干狩りシーズンを迎え、国指定天然記念物のカブトガニ繁殖地がある笠岡市が、押し寄せる潮干狩り客に頭を悩ませている。同市は03年に全国初のカブトガニ保護条例を制定し、繁殖地での潮干狩りを条例で禁止した。だが、罰則はなく、マナー違反者が後を絶たない。

 カブトガニ繁殖地だった同市生江浜は1928年に国天然記念物に指定された。だが、60年代に始まった国営笠岡湾干拓事業に伴い、繁殖地は、約5キロ沖合の神島水道海域(約1・9平方キロ)に移った。干拓で推定10万匹のカブトガニが死滅したといわれる。

 カブトガニ復活を目指して、同市立カブトガニ博物館は95年からカブトガニの幼生を放流。カブトガニが卵から10年前後まで育つ干潟を守ろうと、保護条例を制定。繁殖地沖合を航行するフェリーも、船の波が干潟を壊さないようにスピードを落とすなど協力した。昨年は7年ぶりに産卵も確認された。

 だが、潮干狩り客は減っていない。同市は監視員を配置してパトロールするが、干潮時の砂浜には岡山のほか福山など県外ナンバーの駐車の列ができる。4月29日と5月15日には市民約450人によるパトロールを実施。警察も警戒にあたるものものしさだ。だが、ミカン箱にクワを入れて車を降りた中年男性は、駆け寄る市民を無視して「みんなやっとるじゃないか」と砂浜へ。子ども連れの母親は「うっとうしい」と目をむいた。パトロールに参加した高木直矢市長は「ついさっきは『なぐるぞ』と怒鳴られた」と苦笑いする。

 同市は条例制定時、潮干狩り客への罰則を盛り込めないかも検討した。だが天然記念物の取り扱いを定めた文化財保護法で罰則規定が適用されるのは無断で現状変更した場合だけ。同市は「港などをつくるならまだしも、潮干狩りを現状変更とは言い難い」と話す。同博物館の惣路紀通副館長は「最近はカブトガニの捕獲数も増え、復活の兆候が見えている。生きた化石の大切さを理解してほしい」と訴えている。【井上元宏】

【関連ニュース】
自然保護:動物の着ぐるみ姿でパレード 大阪
カキツバタ:雨に映える紫2万5000株 京都・大田神社
ルリカケス:陽光に包まれて 奄美大島
トキ:佐渡から「分散飼育」のひなかえる いしかわ動物園
臥龍桜:陽気に誘われ満開 岐阜・高山

<尾瀬>山開き 遅い雪解け、残雪の合間からミズバショウ(毎日新聞)
全国初適用、廃棄物の冷蔵庫輸出未遂容疑で業者らを再逮捕(産経新聞)
日曜劇場『特上カバチ!!』最終回(3月21日よる9時)に大野智が友情出演!! 株式会社TBSテレビ
女子中生の上履き盗む=ネット転売の大学生逮捕―京都府警(時事通信)
<質問なるほドリ>衛星はどうして種子島から打ち上げるの?(毎日新聞)

国家公務員の新規採用半減へ、退職者見込めず(読売新聞)

 政府は27日午前の閣僚懇談会で、各省庁の一般職国家公務員の2011年度新規採用数について、09年度採用実績(9112人)との比較で「おおむね半減」させることを目指す方針を決めた。

 抑制される約4500人の大半は、地方の出先機関の新規採用を09年度より8割程度減らす案を軸に達成する方向だ。

 鳩山政権は国家公務員総人件費の2割削減を掲げているが、公務員の総定員が増やせない一方、再就職あっせんの全面禁止によって退職者数の大幅増が見込めないため、新規採用を抑えることにした。

 政府は来月中に具体的な新規採用数を決める予定だが、抑制幅が大きいため政府内ではすでに反発が出ており、調整は難航しそうだ。

 閣僚懇談会では、鳩山首相が「強力に推進してほしい」と指示した。

 具体的な抑制方法は、公務員を〈1〉地方の出先機関の職員〈2〉本省で政策の企画・立案にかかわる職員〈3〉専門知識を生かして行政サービスにかかわる専門職種〈4〉一定期間で官民の人事交流を行う任期付き職員――の4グループに分け、抑制幅をそれぞれ定める。

 「キャリア」と呼ばれる省庁幹部候補の公務員については、例年並みの600人程度を採用する方向で調整する。

<拳銃>女性巡査長がトイレに置き忘れ3分後発見 兵庫県警(毎日新聞)
課徴金55億円通知 シャッター3社、カルテル容疑 公取委(産経新聞)
日米合意なら社民、連立離脱へ 「普天間」県内移設(産経新聞)
いちよし証券元課長を逮捕=高齢女性から7000万超詐取容疑−警視庁(時事通信)
国家公務員の新規採用半減へ、退職者見込めず(読売新聞)

事業仕分け「落ち着いて臨む」=経産次官(時事通信)

 経済産業省の望月晴文事務次官は21日、高松市内で記者会見し、事業仕分け第2弾に関して「改革すべきは改革するという対応をしておけば、落ち着いた気持ちで臨める」と述べ、自らの改革姿勢に自信をみせた。既に経産省は独自に独立行政法人への「丸投げ」廃止など仕分けを実施している。 

<両さん銅像>亀有の商店街関係者ら 包帯で応急手当て (毎日新聞)
今月下旬の訪韓検討=中井拉致担当相(時事通信)
<起し太鼓>1000人の裸男が激しく攻防…岐阜・飛騨(毎日新聞)
“橋下節”封印「今日は招かれざる客なのかな」(産経新聞)
温暖化基本法案が審議入り=温室ガス20年までに25%削減−衆院(時事通信)

山崎直子飛行士 赤いシャボン玉できた 長女の疑問に実験(毎日新聞)

 【ココビーチ(米フロリダ州)奥野敦史】「真っ赤なシャボン玉ができたよ!」。スペースシャトル「ディスカバリー」に乗り組んだ山崎直子宇宙飛行士(39)が、長女、優希(ゆうき)ちゃん(7)の「無重力では色つきのシャボン玉が作れる?」という疑問に実験で応えた。

 優希ちゃんは2年前、幼稚園の自由研究で「色つきシャボン玉」に関する疑問を発表した。入浴剤で着色したお湯で作ったシャボン玉は、なぜか透明になる。父、大地(たいち)さん(37)と試してみると、シャボン玉の下のしずくだけに色がつくことが分かった。「しずくができない無重力なら色がつくかも」と、宇宙飛行士の母に謎を託した。

 大地さんによると、米中部時間14日、ジョンソン宇宙センターでシャトル乗組員と家族がテレビ電話で会話する催しがあり、山崎さんが突然、実験を始めた。赤いジュースにせっけんを入れ、ピンポン球大の赤いシャボン玉を作って見せると、優希ちゃんは「赤い! すごーい!」と大はしゃぎだったという。

【関連ニュース】
山崎宇宙飛行士:ISSとお別れ シャトル、地球帰還へ
山崎直子宇宙飛行士:アームを操作しシャトルの機体点検
山崎直子宇宙飛行士:アーム操作し帰還に向けシャトル点検
ISS:冷却装置一つにトラブル発生 シャトル着陸延期か
山崎さん:「地球も、私たちも宇宙の一部」宇宙体験語る

<長島一由議員>選挙運動費に整体や散髪代支出 報告書修正(毎日新聞)
虐待 老人施設職員が入所者の裸撮影など 宇都宮(毎日新聞)
がん政策サミットで「患者が提案するマニフェスト案」を作成(医療介護CBニュース)
外交・安保公約で検討チーム=民主(時事通信)
心肺停止の男性死亡=都営バスに追突−東京(時事通信)

あす赤塚植物園で緑のイベント(産経新聞)

 板橋区の区立赤塚植物園で17日、緑のイベント「グリーンフェスタ2010」が開かれる。緑を大切にする心を啓発しようと区が毎年実施しているもので、今年で11回目。

 約1万平方メートルの園内には600種以上の樹木や草花が植えられており、当日は園内の植物を見て歩くガイドツアーのほか、花苗や花木の販売、ハーブ講習会、クラシックコンサートなどが開かれる。午前10時からは先着350人に花苗セットなどと引き換えられる整理券を配布する。

参院選 タレントの岡部まり氏 出馬会見へ 大阪選挙区(毎日新聞)
今月下旬にも審議入り=政治主導、国会改革法案−民主(時事通信)
ニュージーランド人教師交流 日本語熱冷める 予算削減、最後の研修?(産経新聞)
山形新幹線、人身事故で運転見合わせ(読売新聞)
大学生に聞く、老後の頼りは年金か貯蓄か

科学的知見から迅速審理を 毒ぶどう酒事件(産経新聞)

 弁護側の特別抗告から3年余り、最高裁が下した結論は、差し戻しだった。審理の舞台は再び名古屋高裁に移る。

 しかし、最高裁の決定に結論の方向性は特に示されておらず、即座に再審開始の予兆は読み取れない。高裁では改めて証拠調べから行われることになる。

 決定のなかで最高裁は「科学的知見に基づく検討をしたとはいえず、いまだ事実は解明されていない」とまで踏み込み、農薬の再鑑定を命じた。

 3月に再審無罪が確定した足利事件でも、弁護側が独自に行ったDNA型鑑定が再審の扉を開くきっかけとなったように、最近の司法判断では、丁寧な審理に加えて、科学的な証拠と、科学的な立場からの検討が重視される流れにある。

 今回の特別抗告審のなかで、最高裁は検察、弁護側双方の主張を丁寧に聴いてきた。弁護側は特別抗告の申立書を含め11通、検察側はこれに対する答弁書など3通を提出した。

 最高裁として、どこで審理を尽くしたとするか。厳しい判断を迫られる死刑事件にあって、“凶器”となった農薬に疑義が生じたことは、奥西勝死刑囚の自白の信用性すら揺るがしかねない。

 差し戻しという結論には、審理の長期化より、真相究明を重くみる最高裁の慎重姿勢が表れているともいえそうだ。

 とはいえ、奥西死刑囚は84歳。1審の無罪判決が2審で一転、死刑となり、7回目の再審請求審でもいったん下された再審開始決定が覆り、今回さらに差し戻されることになった。差し戻し審の結論次第では、再び特別抗告審で争われる可能性もある。

 奥西死刑囚が、揺れる司法判断のはざまで翻弄(ほんろう)されてきた側面があることは間違いない。差し戻し審では、双方の主張を絞り込み、証拠を精査した上での迅速な審理が求められる。(酒井潤)

【関連記事】
会合出席者などにもさまざまな思い 名張毒ぶどう酒事件
弁護団長「再審へ光」 名張毒ぶどう酒事件、差し戻し決定
「適切な立証に努めたい」 名張毒ぶどう酒事件で最高検
名張毒ぶどう酒事件で、最高裁が高裁に審理を差し戻し 
「次は私も再審を」名張事件で奥西元被告
「中国内陸部の資源事情とは…?」

懐かしい街並みの写真、QRコードで携帯に(読売新聞)
首相動静(4月6日)(時事通信)
鳩山政権の政策、自民PTが検証(産経新聞)
<紛失>筋弛緩剤10ミリグラム入りの瓶 大阪の市立病院(毎日新聞)
平沼新党、午後に旗揚げ(時事通信)

自民、選対本部長代理に石破、石原、小池氏 舛添氏は拒否(産経新聞)

 自民党は6日午前の役員会で、夏の参院選の選挙対策本部(本部長・谷垣禎一総裁)を発足させ、本部長代理に石破茂政調会長と石原伸晃組織運動本部長、小池百合子広報本部長を起用した。当初予定していた舛添要一前厚生労働相は拒否する考えを示したため見送られた。

 大島理森幹事長が兼務してきた選対事務局長には、河村建夫事務局長代理が昇格。遊説担当として小渕優子元少子化担当相や小泉進次郎衆院議員らを起用し、党の若返りをアピールする。

 財政や外交安保など14分野で政策発信を担う「政権力委員会(ネクスト・ジャパン)」の人事については、谷垣氏が6日午後、組閣作業のように党本部へ“呼び込み”を行い確定する。

【関連記事】
自民選対本部に若手登用を表明 谷垣氏「ねじれ起こす」 執行部刷新の声も根強く
谷垣総裁、河野氏ら起用で批判かわせるか
自民がネクスト・ジャパン新設 中堅・若手を起用
自民離れた保守層を取り込め! 新党は憲法、消費税を二大政策に
民主と自民 「中央突破」それぞれの結果
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

<水俣病>和解成立 熊本地裁で不知火患者会(毎日新聞)
<ケアベア>福岡に特設コーナー…米国生まれの人気キャラ(毎日新聞)
鉄工所社長か、コンテナ内で死亡=「殺された」と110番−北九州(時事通信)
<掘り出しニュース>「昭和ロマン博」、映画セットで再現 福島・南相馬(毎日新聞)
「涙も出ない時間だった」水俣病訴訟ようやく和解(読売新聞)

若林氏の議員辞職は当然=民主・山岡、輿石氏(時事通信)

 民主党の山岡賢次国対委員長は2日午前の国対正副委員長会議であいさつし、自民党の若林正俊元農林水産相の議員辞職について「当然といえば当然。投票を代わりにするなんてことは国会史上聞いたことがないし、歴史的には非常に大きな汚点になるのではないか」と述べた。
 輿石東参院議員会長は国会内で記者団に対し、「残念なことだがやむを得ない」と強調。その上で「当然、この行為は懲罰に値する。その意味で(懲罰動議を)出した」と語った。 

【関連ニュース】
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤
場外戦にもつれ込む「小沢捜査」の内実

<中国毒ギョーザ>家族思い、いい子だった…容疑者の両親(毎日新聞)
<グループホーム>スプリンクラー設置は約5割 7都県7市(毎日新聞)
市販薬ネット販売禁止は「合憲」…東京地裁(読売新聞)
谷垣総裁「不祥事に民主党は誰も責任を取らない」(産経新聞)
保護者と性的関係 江戸川区立小の校長更迭、懲戒へ(産経新聞)
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。